top of page

特集   検証「食料・農業・農村基本法」の見直し

   ──私たちの暮らしにどのような意味があるのか
   小嶋大造+安藤光義+中塚雅也 責任編集

2023年5月に食料・農業・農村政策審議会基本法検証部会において「中間取りまとめ」が行われ、9月には食料・農業・農村政策審議会で答申がとりまとめられ、これらを踏まえて、食料・農業・農村基本法の改正法案が次期通常国会に提出される見込みである。本特集では、食料政策については①地域、②国際、③農業、農業政策については①農村、②環境、農村政策については①自治、②農業、③環境という多角的な視点から、基本法の改正が私たちの暮らしにどんな意味をもち、どんな影響を及ぼし得るのかを検証する。

​※2024年2月末発売予定 予約商品です。

季刊『農業と経済』2024年冬号(90巻1号)

¥1,700価格
2月末に配送予定です
    bottom of page