秋号Webサイト用.jpg

『農業と経済』は
農業と食と農村が直面する重要課題について
未来を見通して総合的・根底的に考究し、

農と食に関わるすべての人に向けて
最新の分野横断的な学術研究の成果をもとに

課題に取り組む方向性と解決策をわかりやすく提示する
季刊オピニオン誌として2021年8月に再スタートしました

2021年11月発売  87巻6号(2021年秋号)  目次

地域圏フードシステム──フランスを手がかりに、都市の食を構築しなおす

■巻頭言 問われる都市社会の食と食料供給システム

 ………………………………………………『農業と経済』編集委員会

■座談会  日本社会が直面している「食」をめぐる危機
……上田 遥(名古屋大学)+大住あづさ(鹿児島大学)+岡田知弘(京都橘大学)+工藤春代(大阪樟蔭女子大学)+小嶋大造(東京大学)+杉中 淳(農林水産省)+古沢広祐(國學院大學)+新山陽子(立命館大学)

●Ⅰ 地域圏フードシステムと食料政策の構築に向けて
1 地域圏フードシステムの構築──フランスの地域圏食料プロジェクト

  から日本のあり方を考える……新山陽子
2 日本に「食料政策」は存在するのか……清原昭子
3 「地域圏フードシステム」を見越した

  今後の食料政策について……杉中淳・中島明良
4 地域経済の疲弊と再構築──地域圏フードシステムへの視点……岡田知弘

●Ⅱ 直面する問題を掘り下げ、地域圏フードシステムへの芽を掘り起こす
1 県域レベルの地域圏フードシステムを考える

  ──福島県の事例から……則藤孝志
2 都市農業を起点とした地域圏フードシステム構築の可能性……吉⽥真悟
3 中央卸売市場を核とした地域圏フードシステムの構造化

  ──京都市を事例として……上田遥
4 協同組合が支える地域の食料供給網①

  「福岡市“食料”農業協同組合」の取り組み……宗欣孝
5 協同組合が支える地域の食料供給網②

  「ならコープ」と「コープしが」の取り組みから……鬼頭弥生
6 ⼩売店へのアクセス困難と健康──市町村の対策……⼤橋めぐみ
7 所得格差と家計のフード・インセキュリティ

  ──食料需要・供給の地域性にもとづく食料政策を展望して……小嶋大造

●Ⅲ 進むフランスの動き、世界の動き
1 フランスの地域圏⾷料プロジェクト(PAT)──その進め⽅をみる
 ❶フランス・地域圏食料プロジェクトの方法論

  ──共同の診断と協議……大住あづさ
コラム1 PATの分布と活動──都市での広がり……新山陽子
 ❷トゥルーズ・メトロポルのPAT……新山陽子・大住あづさ・上田遥
 ❸モンペリエ都市圏における食料政策の構築……ナビルアズナウィ= アンリ
コラム2 モンペリエPATの概要……大住あづさ
コラム3 農村地域のPATの困難とコーディネーターの確保……須田文明
コラム4 PATは環境的側面にどのように取り組んでいるか……大住あづさ
コラム5 PATの公的認証と資金……大住あづさ
2 フランスの「全国食料計画(PNA)」とPATの背景と思想……須田文明
コラム6 フランスにおける「全国食料計画」……上田遥
3 ドイツにおける都市食料政策……工藤春代
4 北米およびイギリスにおける都市食料政策の特徴と課題……立川雅司
5 国連フードシステムサミット(UNFSS)と

  地域圏フードシステムの構築……古沢広祐

地域圏フードシステム関連用語集
「地域圏フードシステムの構築をめざして」公開研究会の報告


■連載
●農の美学 第2回「不可視の美」藤原辰史(京都大学)

●世界の食と農をめぐるシステム転換2……久野秀二(京都大学)

●ポスト・コロナの食と農を支える──担い手たちの群像

●森・川・海の名人に学ぶ──「聞き書き甲子園」作品集から2……紹介・阿部健一(総合地球環境学研究所)

●「農」と「食」を読む──ブックガイド

好評発売中! ご注文はこちらからどうぞ!

定期購読をご希望のみなさまへ

お得な定期購読をお申し込みの方は申込書をダウンロードのうえ075-212-7235にファクスでお送りいただくか、メール添付 でお送りください(手書き用申込書〈pdf〉データ書き込み用申込書〈Word〉)折り返し郵便振替用紙をお送りしますので、ご納入いただきしだい『農業と経済』を毎号1年間お送りします(振替 00900-1-309387)。

過去80年分の『農業と経済』が読める ​電子版ライブラリ読み放題プランとのセットもございます(こちらは個人もしくは団体向けのサービスで書店さまへの卸はしておりません。ご了承願います)。

書店のみなさまへ

●季刊『農業と経済』リニューアル再創刊号は、2021年8月の刊行を予定しております。これまで月刊誌を定期で仕入れていただいていた書店さまにはファクスでご案内をしております。届いていない場合はお知らせください。なお、月刊誌の定期購読が自動的に引き継がれることはありませんので、あらためてご注文をお願いいたします(注文出荷制です。自動配本はありません。注文書はこちら)。

●ご案内をご希望の書店さまは、075-212-7235にファクスでお知らせいただくか、メール でお知らせください。

●2021年度については、リニューアル再創刊号が夏に出ますので、秋、冬までの3号分となります(現在のところ臨時増刊号の予定はありません)。

●流通経路は下記の3種類です。

​①トランスビューさま経由(返品可)

 http://www.transview.co.jp/news/nc3656.html

②小社との直接取引(送料・振込手数料小社負担/委託可。詳細相談ください)

③大取次経由(買切返品不可

不明点等ございましたら、メール でお問い合わせください。

英明企画編集株式会社(出版|書籍編集|編集プロダクション)
京都市中京区御幸町通船屋町367-208 〒604-8051
​振替 00900-1-309387
info@eimei-information-design.com

©Eimei Information Design, Inc.