top of page
農業と経済Webサイト用ヘッド2024-5.jpg

2024年6月発売  90巻2号(2024年春号)  目次

特集  海を越えてくる食べ物の裏側

   ──食料調達におけるSDGsとは
   辻村英之+久野秀二+坂梨健太 責任編集

日本では、多様かつ十分な食料を得る目的で、世界各地から食料を調達しています。そのため私たちの食生活は調達先の社会状況から大きな影響を受けますし、私たちの調達のあり方が産地に負の影響を及ぼすこともあり得ます。本特集では、私たちが口にする食の産地における社会問題の実態を示し、その緩和・解決に貢献できる対策についてお伝えします。本特集を通じて、社会情勢・地球環境に影響があることを自覚し、消費行動によってSDGsの実現をめざす「倫理的消費者」が増えることを期待しています。

●巻頭言

特集に寄せて
世界の食料産地における社会問題とその対策を知る
──食からSDGs達成に貢献する「倫理的調達」を促すために

……辻村英之

 

■特集  海を越えてくる食べ物の裏側

 ──食料調達におけるSDGsとは  
 ……辻村英之+久野秀二+坂梨健太  責任編集


■Ⅰ  持続可能な食料調達・食資源とは

 

●1 責任ある持続可能な食料調達をめぐる国際動向
   ──食料輸入依存国・日本で食料主権を考える……久野秀二

●2 持続可能な水産資源管理の実現にはどのような取り組みが必要か
   ──科学調査の充実と消費者理解に基づく仕組みの可能性……八木信行

●3 日本の食料輸入がもたらす世界の水資源への影響をどう捉えるか
   ──地域性・季節性・外部性を踏まえた

     環境負荷と経済価値の評価……加治佐敬

●4 「人間の安全保障」としての食糧問題──ウクライナ戦争と
    中東・アフリカ、そしてガザの飢餓戦争……井堂有子


■Ⅱ オルタナティブ調達によって社会問題に立ち向かう

●1 キリマンジャロ・コーヒーを飲んでSDGsに貢献する
   ──フェアトレード調達はコーヒー産地の社会問題を

     どこまで改善できるか……辻村英之

●2 カカオ生産地域における児童労働とゼロ・トレランスの問題
   ──ガーナ、カメルーンを事例として……坂梨健太

●3 フィリピンから輸出される高地栽培バナナの実態を知る
   ──先住民の暮らしを脅かす栽培と

     オルタナティブトレードの試み……石井正子

●4 労働力供給の視点から検討する“持続可能なパーム油”の行方
   ──マレーシアにおける最新事情……岩佐和幸

●5 インドネシアのエビ養殖における諸課題と

   オルタナティブトレードの可能性
   ──環境負荷低減、エビの安全性確保、取引の互恵性担保……伊賀聖屋

●6 トマト加工企業による海外調達の空間的変化とその要因
   ──カゴメ株式会社による2000年代以降の動向を中心に……後藤拓也



■Ⅲ 調達不安を引き起こす社会・環境問題

●1 ロシアのウクライナ侵攻がもたらした世界の穀物調達状況の変化
   ──小麦とトウモロコシを中心に……三石誠司

●2 食品安全問題発生以降の中国からの野菜の開発輸入状況
   ──求められる“日本離れ”への対応……大島一二

●3 生産・輸出・政策動向からみる

   アメリカからのトウモロコシ・大豆の調達見通し
   ──バイオ燃料政策と農地取得の外資規制を中心に……内山智裕

●4 アメリカ南西部における灌漑農業の黄昏
   ──カリフォルニア州の慢性的な水不足問題を中心に……名和洋人

●5 輸入取引構造から考えるカナダからの油糧種子調達の現状と課題
   ──アメリカでのバイオディーゼル製造拡大を踏まえて……八木浩平

●6 ブラジルの大規模生産者による大豆栽培が抱える三つの社会課題への対策
   ──小規模農家と共存する持続可能な生産のために

   ……林瑞穂・吹田三奈斗

●コラム 全農の米国、ブラジル、カナダからの

     穀物・油糧種子の安定調達の取り組み……由井琢也
 

■連載 ポスト・コロナ時代の食と農と地域を支える──担い手たちの群像

 

■連載 森・川・海の名人に学ぶ──「聞き書き甲子園」作品集から⑫


■連載 ブックガイド──農と食を読む
 

6月末発売 ご注文はこちらからどうぞ!

みなさまのご感想・ご意見をメールでお寄せください。

編集部で共有し、内容に応じて誌面でのレスポンスを行います。

こちらからお送りください。

定期購読をご希望のみなさまへ

お得な定期購読をお申し込みの方は申込書をダウンロードのうえ075-212-7235にファクスでお送りいただくか、メール添付 でお送りください(手書き用申込書〈pdf〉データ書き込み用申込書〈Word〉)折り返し郵便振替用紙をお送りしますので、ご納入いただきしだい『農業と経済』を毎号1年間お送りします(振替 00900-1-309387)。

過去80年分の『農業と経済』が読める ​電子版ライブラリ読み放題プランとのセットもございます(こちらは個人もしくは団体向けのサービスで書店さまへの卸はしておりません。また電子版ライブラリは、不特定多数の方が利用されるような用途ではご利用いただけません。ご了承願います)。

書店のみなさまへ

●季刊『農業と経済』は、注文出荷制です。自動配本はありません注文書はこちら)。

●ご案内をご希望の書店さまは、075-212-7235にファクスでお知らせいただくか、メール でお知らせください。

●流通経路は下記の3種類です。

​①トランスビューさま(ブックセラー)経由(返品可)

 https://www.bookcellar.jp/

②小社との直接取引(送料・振込手数料小社負担/委託可。詳細相談ください)

③大取次経由(買切返品不可

不明点等ございましたら、メール でお問い合わせください。

英明企画編集株式会社(出版|書籍編集|編集プロダクション)
京都市中京区御幸町通船屋町367-208 〒604-8051
​振替 00900-1-309387
info@eimei-information-design.com

©Eimei Information Design, Inc.

bottom of page